• DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
  • DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹
1 / 11

DD用 単衣着物 正絹絽小袖娑羅樹

¥ 18,500

※この商品は最短で10月21日(日)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 864円
    • 東北

      • 青森県 702円
      • 岩手県 702円
      • 宮城県 648円
      • 秋田県 702円
      • 山形県 648円
      • 福島県 648円
    • 関東

      • 茨城県 594円
      • 栃木県 594円
      • 群馬県 594円
      • 埼玉県 594円
      • 千葉県 594円
      • 東京都 594円
      • 神奈川県 594円
      • 山梨県 594円
    • 信越

      • 新潟県 594円
      • 長野県 594円
    • 北陸

      • 富山県 594円
      • 石川県 594円
      • 福井県 594円
    • 東海

      • 岐阜県 594円
      • 静岡県 594円
      • 愛知県 594円
      • 三重県 594円
    • 近畿

      • 滋賀県 594円
      • 京都府 594円
      • 大阪府 594円
      • 兵庫県 594円
      • 奈良県 594円
      • 和歌山県 594円
    • 中国

      • 鳥取県 648円
      • 島根県 648円
      • 岡山県 648円
      • 広島県 648円
      • 山口県 648円
    • 四国

      • 徳島県 702円
      • 香川県 702円
      • 愛媛県 702円
      • 高知県 702円
    • 九州

      • 福岡県 702円
      • 佐賀県 702円
      • 長崎県 702円
      • 熊本県 702円
      • 大分県 702円
      • 宮崎県 702円
      • 鹿児島県 702円
    • 沖縄

      • 沖縄県 864円

    ※海外への送料は別途発生します。

  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 320円

夏用の正絹の絽小紋から小袖の着物を仕立てました。

鳥の子色(オフホワイトというより薄いベージュ)に娑羅樹(なつつばき)が配されたデザイン、絽のじゅばんには、紋紗の本麻の襟をつけました。
朱赤の紗の帯に淡水パールの帯留めを合わせて、さっぱりとしたコーディネートで透ける夏の単衣をお楽しみいただけたらと思います。

着物のお仕立ては、本職の和裁職人による総手縫い仕立てです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セット内容】
・小袖着物
・襦袢
・帯(帯揚・帯紐含む)
・足袋
・着せつけ用の紐3本

【素材】
・着物素材……正絹
・襦袢……ポリエステル
・襟……麻
・帯素材……正絹(ミシン縫い)
・帯揚……ポリエステル
・帯留……淡水パール
・足袋……正式な足袋ではなく、ソックスの形状をしたもので、ナイロン製。

【対応サイズ】
DD (S胸・M胸・L胸)・DDdyボディ・DDSボディ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●お着物の『お端折』は縫い上げてありません。人間の着物のように、ボディに合わせて調整しながら、ご自分でお端折をあげて着せ付けて頂くタイプになります。

●着物や襦袢の袖の、白の細い糸での大きな縫い目は”しつけ糸”ですので、着用の際に取り除いて下さい。

●帯の前の部分には前板が入っております。強く折り目を付けますと、前板が元に戻らなくなりますのでご注意ください。

●帯はマジックテープで止めるようになっています。ボディのタイプや着せ付けによって、少しずらして付けることになりますので、マジックテープで布地を引っ掛けないようご注意ください。

●帯〆は、帯留めが付いているものを模しています。まずは帯留め(パール)を背中側にし、お腹側で締めた後、ズルルと帯〆全体を回して、帯留めがお腹側に来るようにしてください。結び目はちょうどお太鼓の中に隠れますので、ヒモの端はお太鼓の中で収まるようまとめてください。

●帯の素材が若干硬くなっています。後ろの帯(お太鼓)が体に沿うように、帯〆をギュゥゥッッッッッと力を入れてシッッッカリ締めてください。帯揚げは、帯〆を締めた後に整えるとやりやすいです。

●帯〆・帯揚げは、縫い付けではありませんので、帯の中に通して結んであげて下さい。帯揚はモタつかないように短めにしてあります。結び目を帯の中に押し込んで下さい。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する