• DD用 臙脂色霞桜裾引着物
  • DD用 臙脂色霞桜裾引着物
1 / 2

DD用 臙脂色霞桜裾引着物

¥ 23,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,512円
    • 東北

      • 青森県 1,188円
      • 岩手県 1,188円
      • 宮城県 1,080円
      • 秋田県 1,188円
      • 山形県 1,080円
      • 福島県 1,080円
    • 関東

      • 茨城県 972円
      • 栃木県 972円
      • 群馬県 972円
      • 埼玉県 972円
      • 千葉県 972円
      • 東京都 972円
      • 神奈川県 972円
      • 山梨県 972円
    • 信越

      • 新潟県 972円
      • 長野県 972円
    • 北陸

      • 富山県 1,188円
      • 石川県 1,188円
      • 福井県 1,188円
    • 東海

      • 岐阜県 972円
      • 静岡県 972円
      • 愛知県 972円
      • 三重県 972円
    • 近畿

      • 滋賀県 972円
      • 京都府 972円
      • 大阪府 972円
      • 兵庫県 972円
      • 奈良県 972円
      • 和歌山県 972円
    • 中国

      • 鳥取県 972円
      • 島根県 972円
      • 岡山県 972円
      • 広島県 972円
      • 山口県 972円
    • 四国

      • 徳島県 1,080円
      • 香川県 1,080円
      • 愛媛県 1,080円
      • 高知県 1,080円
    • 九州

      • 福岡県 1,080円
      • 佐賀県 1,080円
      • 長崎県 1,080円
      • 熊本県 1,080円
      • 大分県 1,080円
      • 宮崎県 1,080円
      • 鹿児島県 1,080円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,836円

    ※日本以外にお住いの方は0円です。

臙脂色に桜の模様の振袖の仮絵羽から、DD(M,L,DDdy)DDS用の裾引きを作りました。
振袖ならではの大きく大胆な柄を良い所だけ取り、肩裾にたっぷり配しました。
着物のお仕立ては、本職の和裁職人による総手縫い仕立てです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セット内容】
・裾引き着物
・襦袢
・帯(帯揚・帯紐含む)
・足袋
・着付用紐2本

【素材】
・着物素材……表・正絹 八掛・ポリエステル
・襦袢……ポリエステル
・帯素材……ポリエステル(ミシン縫い)
・帯揚……正絹・鹿の子
・足袋……正式な足袋ではなく、ソックスの形状をしたもので、ナイロン製。

【対応サイズ】
DD (S胸・M胸・L胸)・DDdyボディ・DDSボディ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●着物のサイズは、DD L胸ボディを中心に、DDdy,DDSボディまで対応出来る様に寸法を出しています。

●着物は、『仮絵羽(かりえば)』の着物(振袖・訪問着など)を解いて製作しています。(振袖・訪問着などは、着物全体で模様が繋がっているデザインですので、模様の全体の様子を見せるために仮仕立ての状態で販売されます。この仮仕立ての状態を仮絵羽といいます) このため、袖などに元々の絵羽線(仮絵羽の時の折り目)が残っています。絵羽線は、強くスチームアイロンなどを当てればある程度は軽減されるかもしれませんが、無理に処置を施すと非常に布地などを痛めます。この扱いは、和裁師の判断に任せてあります。折り目としての絵羽線や、その周辺に残る若干の擦れ汚れがある難は、何卒ご容赦頂けますようお願い申し上げます。

●素材として使っている仮絵羽は、未使用品ではありますが、古いため、経年による小さな汚れ・シミなどがあることがございます。そういった場所はできるだけ目立たない場所に配すように工夫しておりますが、細かいためどうしても避けきれません。どうしても小さな汚れ・シミが素材難としてございますことご容赦頂けますようお願い申し上げます。

●着物や襦袢の袖・裾にある、白の細い糸での大きな縫い目は”しつけ糸”ですので、着用の際に取り除いて下さい。

●裾引き着物という事で、綺麗にたっぷり裾を引けるよう丈の寸法を出しています。この裾引き着物をお端折を上げて着せるには、丈が長過ぎますので、裾引き着物としてお楽しみください。

●帯の前の部分には前板が入っております(位置は動かせます)。前板に強く折り目を付けますと、前板が元に戻らなくなりますのでご注意ください。

●帯はマジックテープで止めるようになっています。帯のマジックテープは位置を決める仮止めのような働きをします、ボディのタイプや着せ付けによって、マジックテープが少しずれた状態で付けることになりますので、布地を引っ掛けないようご注意ください。DDdyボディに着せた時は、帯の胴が短くなりますので、マジックテープをずらして装着して頂くようになります。(マジックテープの引っかけにはご注意ください)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する